学習&教育

タイピング練習

仕事でもプライベートでも今やパソコンが不可欠の時代。
情報のほとんどはキーボードからの入力が主になります。
そこで、求められるのが、タッチタイピング(ブラインドタイピング)です。
タッチタイピングを習得するまでには、一定の時間がかかりますが、タッチタイピングをマスターすれば、キーボードを見ながら入力する方法に比べて格段に入力速度があがり、また、ミスタイプをしたことにすぐ気づくことができ、入力効率が飛躍的に向上します。
さらに、キーボードへ視点を移動する必要がなくなるため、眼精疲労が抑えられるようになり、仕事等で長時間パソコンを使用する場合には、特に効果があるでしょう。
タッチタイピングは、時間はかかっても慣れれば自然とできるようになるものですが、早く習得したいという場合は、タイピング練習用のフリーソフトを利用するといいでしょう。
最近では、ゲーム性をもたせたものもあり、楽しみながらタッチタイピングの練習ができます。
■ココルの森のフィーナ
5種類のゲームで、タッチタイピングを練習できます。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA029904/kokoru/index.htm
■Ozawa-Ken for Windows
初心者から上級者までブラインドタッチを楽しく学べる新感覚タイピング格闘ゲームです。
http://www.higopage.com/ozawa-ken/
■タイピングステーション
初心者から上級者までいろいろなタイピングゲームが楽しめるハイレベルタイプのゲーム
です。
http://mekas.web.fc2.com/index.html
■3日で習得タッチタイピング
3日でタッチタイピングの基礎を習得できるタッチタイピング入門用ソフトです。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA034655/
■NinjaT
小さくて、十分な機能を持つ、タイピング練習ソフトです。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA024832/tools.html

学習&教育

絶対音感

絶対音感。ある音を聞いたとき、その音の高さが即座にわかる感覚のこと。
絶対音感は、5歳くらいまでの間に意識的に訓練すると身につけられると言われていて、私の場合は、楽器に触れ始めたのが小学校高学年の頃でしたから、既に遅し。
趣味でクラリネットをしている私は、高校時代に、この絶対音感の凄さを目の当たりにしました。同じパートでライバルでもあった彼は、幼少期からピアノを習っていたそうで、ある日のこと、初めて演奏する曲の全体練習のときに、楽譜も見ずにスラスラと演奏しているのです。楽譜なしでどうして演奏できるのか、そのときは理解できませんでしたが、そう絶対音感の成せる技だったんですね。
今では、フリーソフトで、絶対音感のトレーニングができるものがありますが、遅いと諦めずに挑戦してみようかと思っています。
■絶対音感テスト
このソフトはあなたが絶対音感の持ち主かどうかテストします。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/edu/se396011.html
■絶対音感トレーニング
絶対音感をトレーニングするソフトです。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/edu/se131166.html
■音感トレーナー・そらみ先生
ゲーム感覚で音感が鍛えられます
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/edu/se171286.html
■トマキンアンサンブル絶対・相対音感チェック
音大生やプロ奏者によって作成された絶対音感と相対音感のチェックソフト。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/edu/se404082.html
■絶対音感ソフト
絶対音感を訓練するソフトです。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/edu/se105926.html


Powered by Seesaa