画像&サウンド

サウンド編集

現在の音楽の音源は、すべてデジタル化されています。そのファイル形式は、汎用性のあるWAVやMP3、AAC、ウォークマン特有のATRACまで様々ですが、フリーソフトを使えば、様々な音源の相互変換だけでなく、音質を自分好みに変えたり、あるいは、好きな曲の音声だけを除去してカラオケを作ったりと、実に色んなことが可能になります。
アナログ時代には考えられないことでしたが、これぞデジタルのなせる技ですね。
押し入れの奥に眠っているアナログレコードがあったら、それをフリーソフトでパソコンに取り込み、劣化のない状態で半永久的に保存することも可能です。
■SoundEngine Free
WAVEファイルの音質を補正できる音声波形編集ソフトです。アナログレコードから取り込んだ音楽等を新品と同等か、それ以上の音質に蘇らせることも可能です。
http://www.cycleof5th.com/download/
■ボーカルリデューサー
音楽ファイルからボーカル音声を除去してカラオケ化するソフトです。
http://limetarte.net/software/more/binary/VocalReducer.htm
■Free Audio Editor
MP3/WMA対応の多機能で使いやすい波形編集ソフトです。
なお、紹介しているサイトは英語のサイトです。
http://www.free-audio-editor.com/
■freeDBTagger
楽曲長の組み合わせでアルバムを特定して楽曲情報を自動入力するソフトです。
http://nw.odoruinu.net/softwares/freedbtagger/
■BonkEnc
MP3/AAC/Ogg Vorbis/FLAC形式などの音声ファイルを相互変換するエンコーダーです。
http://www.bonkenc.org/

画像&サウンド

画像管理

今では携帯電話にもカメラが搭載され、デジカメと同様、手軽に撮影できるため、ついつい撮りためてしまいがちです。
後で整理しようとしても、何時どこで撮影したものかわからず、分類に困ることも多いのではないでしょうか?
日頃から撮影したファイルの整理を行っていれば、そのような状態にならないのでしょうけど、実際やってみると、以外に面倒なことがわかります。
やはり手作業で画像の整理をするのは一定の限界があると思いますので、こういうときこそ、フリーソフトの出番です。
用途によって種類も豊富にありますので、自分に合ったソフトを選ぶとよいでしょう。
■Picasa
デジカメなどの画像を時系列で管理できるソフトです。
http://picasa.google.co.jp/
■WinCCD
画像をタブで分類できるRAW・Exif対応のデジカメビューワーです。
http://www.alpic.jp/winccd.html
■Windows Live フォト ギャラリー
マイクロソフトが開発した画像や動画を時系列で管理できるソフトです。
http://download.live.com/
■Typict
画像を閲覧しながらキー操作で次々とフォルダ振り分けできるソフトです。
http://starwing.net/?software/typict
■ViX
エクスプローラ風の画像ビューワーです。
http://www.katch.ne.jp/~k_okada/

<< 1 2 3



Powered by Seesaa