フリーソフトで便利なパソコンライフ > 画像&サウンド > サウンド編集

画像&サウンド

サウンド編集

最近、なんと40年ぶり(小学生の鼓笛隊以来です)にトランペットを再開しました。
カレッジモデルですが、ヤフ●クでいろいろ探し、程度のいいトランペットをゲットできました。(マウスピースだけは自分に合うものに変えました)

まだ練習を始めて2カ月足らずですから無理もありませんが、自分なりに頑張り、サウンド編集のフリーソフトを駆使して、まあなんとか聴けるかなと思えるものができました。
興味がある方は参考に聴いて(見て)ください。サウンド編集後にWindowsに標準でインストールされている「Windows Live Movie Maker」を使って画像とさらにミックスし、スライドショー形式で、まるで映画のオープニングのような動画に仕上げてみました。(演奏が下手なのは目をつぶってください)

この動画のサウンド編集に使ったソフトは以下のものです。

SoundEngine Free
http://soundengine.jp/software/soundengine/
波形表示に始まり、再生、録音、切り貼り編集、フォーマット変換、音声解析にエフェクト、音響特性の可視化と様々なサウンド編集機能があります。
私はこれで録音をして、サウンドに適当なエフェクトをかけて、次に紹介するソフトでミキシングして仕上げています。姉妹ソフトですから、相性は抜群。そんなに複雑なことを求めなければ十分な機能を持っています。

RadioLine Free
http://soundengine.jp/software/radioline/
SoundEngine Freeの姉妹ソフトで、4つのトラック(8チャンネル)に対して、音を貼り付けたり録音したり、音量・定位・フェードやエコーを使って、一つの音声ファイルにミックスすることできます。また、初心者にも使いやすく簡単な編集で複数の音声ファイルを一つの音声ファイルにミックス(合成)することができます。wavファイル限定になりますが、ファイルをトラックにドラッグ&ドロップするだけで複数の音声を自由自在にミキシングできます。

◆その他、さらに高機能なものの代表としてAudacityというフリーソフトがあります。
https://ja.osdn.net/projects/audacity/
音声ファイルはドラッグ&ドロップで複数同時に読み込むことができ、複数トラックの同時再生のほか指定トラックのみの再生も可能。また、リバーブやノイズ除去といった19種類のエフェクトがあらかじめ内蔵されており、エフェクトのパラメータを指定する際に処理後の音声をあらかじめ視聴することもできます。
AudacityはwavやAIFF、MP3、oggといったフォーマットの読み書きにも対応しており、これ単体でPCに接続されたマイクやライン入力からの録音も可能です。

いわゆる楽器を演奏していて宅録に興味のある方には、最適なフリーソフトだと思います。ぜひお試しあれ。

<<Wondows10メジャーアップデートのバグは解消したのか。 | フリーソフトで便利なパソコンライフトップへ | サウンド編集(その2)>>



Powered by Seesaa