フリーソフトで便利なパソコンライフ > Windows高速化 > 仮想(RAM)ディスク

Windows高速化

仮想(RAM)ディスク

仮想(RAM)ディスクをご存知でしょうか?
RAMディスクとは、メモリ等の一部を使った、仮想のハードディスクドライブです。
物理メモリに作成したRAMディスクは、ハードディスクとは比較にならない圧倒的な転送速度を持ちますので、使い方によっては、パソコンのパフォーマンスを劇的に高めることができます。
具体的な使い方としては、大量のディスクアクセスを必要とする作業(画像処理ソフト等)で一時フォルダとして使う方法や、ウェブブラウザのキャッシュファイルの保存場所として使う方法が考えられ、後者の場合には、ブラウジングが快適になるだけでなく、電源を切ればデータも消去されるため、セキュリティ面でも効果があります。
ただし、RAMディスクを使用する場合は、余裕のある物理メモリ量をパソコンに積んでいることが条件になります。
■高速メモリドライブ XP
500MBまでの仮想RAMディスクを簡単に作成できるフリーソフトです。
http://www.magnolia.co.jp/free/
■ERAM for WindowsNT/2000/XP
Windows環境でRAMディスクを実現するためのデバイスドライバです。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000363/release/index.htm
■RamPhantom
32bitのWindowsで使用できていなかった4GB以上のメモリー領域をフルに利用し、RAMディスクを作成することが出来るソフトです。
I−Oデータ製の物理メモリを所持している場合は無料のソフトです。
http://www.iodata.jp/prod/memory/list/2004/ramphantom/index.htm
■BUFFALO RAMDISK ユーティリティー Ver.3.0.0.0
こちらはBUFFALOの無料ソフトです。BUFFALO製の物理メモリを所持していなくても256MBまたは500MBまでの仮想ディスクを作成することができます。(Windows7 64bitにも対応しました)
http://buffalo.jp/download/driver/memory/ramdisk.html
■Dataram RAMDisk
4Gまでのサイズまでなら無料で使えるのソフトです。こちらもwindows7 64bitに対応しています。
http://memory.dataram.com/products-and-services/software/ramdisk

<<リッピング | フリーソフトで便利なパソコンライフトップへ | バッチ用ユーティリティ>>



Powered by Seesaa