フリーソフトで便利なパソコンライフ > Windows高速化 > スタートアップ

Windows高速化

スタートアップ

メーカー製のパソコンでよく見かける光景ですが、画面右下のタスクバーには、色んなアイコンが並んでいます。これらは、パソコンを起動すると自動的に起動するソフトです。(これをスタートアップといいます)
メーカー製のパソコンは、若干高めでも、数多くのアプリケーションが付属していて、それらを実際に使用する機会が多いユーザーには、むしろコストパフォーマンスは高いといえますが、実際には、使わないソフトのほうが多いというのが現状でしょう。
スタートアップの目的は、ソフトの自動アップデートを可能にするものや、常駐してユーザーに便利な機能を提供したりするもの等、様々ですが、むしろ不要なスタートアップが多く、これらを整理すると、パソコンが快適になるケースがよくあります。
フリーソフトでチェックしてみましょう。
■スタートアップチェッカー
スタートアップ・プロセス・サービスの設定変更およびスタートアップ情報常駐監視機能を備えたツールです。
http://fos.qp.land.to/static/fos_soft/ols_sup.html
■順太郎クン
CPU、HDDも監視しながらプログラムを順番に実行するソフトです。
http://hamsters.ddo.jp/hamold.php
■StartupEX
スタートアップ起動時に起動順番の設定、遅延起動等を行う、スタートアップ総合管理ソフトです。
http://www.takenet.or.jp/~ryuuji/startup/
■AdjustStart
登録されたプログラムを順番に起動します。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se222098.html
■スタートチェッカー
スタートフォルダのプログラムを起動させなくしたり、プログラムの常駐を解除・復帰させるソフトです。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se238812.html

<<デジカメ画像 | フリーソフトで便利なパソコンライフトップへ | Windows高速化>>



Powered by Seesaa